NEWS
ニュース・トピックス

第14回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を受賞しました。

2016年10月19日、直近3年間の売上成長率が高い国内企業を表彰する「2015年 日本テクノロジーFast50」の授賞式があり、オーマイグラスは226%の成長率で、10位入賞を果たしました。

【デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50とは】
2016年で14回目を迎えた「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」は、日本国内のTMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション)インダストリーの、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率の上昇が著しい日本企業(上場・未上場問わず)の応募からなるランキングプログラムです。指標を収益(売上高)成長率としていることにより、企業規模によらない成長性を表わすランキングとなります。ソフトウエア、音楽・エンターテインメント、通信インフラなど、情報・メディア・通信が幅広い分野で融合する中、デロイトは、これらをTMTインダストリーと捉え、インダストリーの活性を目指し、全世界でテクノロジー Fast50 / Fast500プログラムを展開しています。 Fast50は国レベルの、 Fast500は地域レベルの収益成長率を基準としたランキングです。 Fast500は、アジア太平洋地域、北米地域、EMEA地域で実施しています。なお、第15回「デロイト アジア太平洋地域 テクノロジー Fast500」のランキングの発表は2016年12月を予定しています。

Fast50およびFast500プログラムの詳細については、http://www.deloitte.com/jp/fast50 をご覧ください。

ランキング対象となる事業領域は、1. 半導体や部品・コンピュータ、周辺機器等を含むハードウエア、2. アプリや各種管理運用システムを含むソフトウエア、3. インターネットやクラウドサービスを含む通信、4. 広告やマーケティング、Eコマースを含むメディア、5. バイオや製薬を含むライフサイエンス、6. 再生技術やエネルギー貯蔵、機器を含むクリーンテック、以上の6領域です。

LATEST NEWS